スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロ ラ ターブル ドゥ クドウ 

 4月30日に、三島駅北口にあるフレンチのお店 BISTRO La table de Kudo へランチに行ってきました!!
 あ こ が れ の  
 KUDOさんは、なかなかの食通な友人及びネット上での評判が、大変によろしいのです。
 そこらの、ちょっとしたフレンチ兼洋食屋とは一線を隔す本各店とか何とか(笑)

 クドー店内

 桜のお花が大胆に飾られた品の良い店内。
 カウンター席が写っておりますが、反対の窓側には、テーブル席がゆったりした感覚で配置されております。
 席に着くと、すぐさま鞄置き用の台(椅子だった)を用意してくれました。早速良い気分になりました

 クドーアミューズ
 本日のアミューズは、鴨だったかしら?何かの燻製と、ピクルスです。
 いつも、ついうっかり少し食べてから撮影するんだけど、よしよし、今回は忘れずに収めてるぞ。

 前菜は、海水ウニとカボチャのゼリー寄せ・・・っぽい名前のもの。
 相方さんのは野菜とサーモンを色よく盛ったのを、2種の特性ソースで召し上がる感じのやつでした。
 パン美味しかった。トーストされてないパンが2種。フランスパンと、フランスパンの一種なのかな?フランスパンほど外側硬くないけどロールパンより脂っこくなくて歯ごたえあるやつ。オリーブオイルを塗って食べます。
 えーと、上記前菜やパンの写真は、失われました・・・・・。
 
 クドーメインディッシュ
 メインディッシュです。
 手前が牛タンの何とか、向こうが鴨のコンフィ。
 
 メインディッシュまできて、我々はつまづいてしまった感があった!!
 何か・・・、何かさ、味が濃い。凄く濃い。しょっぱい。関西でいうところの、辛い。
 外食すると、味が濃いなんていうのは、結構当たり前なんだけど、それにしても塩分多すぎやしないかね。
 というか、本日の冒頭に書いたように、こちら、そこらのレストランとは一線を隔すという触れ込みで来ておりますので、しょっぱすぎなんてことがあっては、いかんのですよ?
 いくらフランス料理が足し算の料理と言っても、これ調味料足しすぎだと思います。
 友人によれば、「野菜の味がする、優しい味だった」そうだけど、どちらも素材の味はより、しょっぱさが強かったです・・・。
 何だろう、シェフが変わっちゃったとか?

 クドーデザート
 デザートです。
 お皿にソースで模様とか描かれて出てくると思ったら、案外シンプルでした。
 手前がプルーンソースが入った生ケーキみたいなの。プディング(日本のプリンにあらず)っぽいのかな?生焼けでちょっと甘いお好み焼き皮にプルーンジャムが入った感じ?美味。
 向こうはショコラのケーキ。ブラウニーみたいなの。
 どちらもアイス添えになっております。
 メインディッシュが厳しい程に味が濃かったのに対し、こちらは甘すぎるということもなく、美味しく穏やかなお口直しができました。
 
 毎度のことだけど、メニュー名覚えてなくてすいませんね。
 あ、前菜・メイン・デザートは選択(種類多い。各6種類ずつくらいあった)方式だったのです。

 
 ところで、私の向こう側に座る相方の服(チラチラ写ってますね)が、とても素敵な藍染でしたのよ。


 店を出る時、入口のコート掛けから、相方が自分でコートを取って帰りました。
 
 ・・・・・・・・・・・。

 この残念感は、料理の代金と消費税の他に、きっちり取られてるサービス料分に対してです。


 あ、やべ、とても良いと聞いて期待して行ったせいか、総合評価としては、低いかも・・・・(汗)。
 でも、もう1回くらいはリベンジしても良いかなと思う。(今回は、何かの運が悪かったのかもしれない)
 次回が、もしあったら、頼むよクドーさん。。 
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/65-7fb81b83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。