スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興津の魚屋・たいやき屋・ラーメン屋! 

 静岡県の興津は、シラスや桜エビを初めとして、海の幸と、川魚も美味しいところです。 
 ・・・とか言って、興津の川魚(ヤマメ)って食べたことないんだけど。
 本日は、海の幸を買いに、はるばる富士市から興津まで行ってきました!!
 はるばるっても、今や合併により隣りの市だけどね。

 富士市から、車でR1走ってきましたが、山桜が見ごろでした

 魚格
 お目当ての魚屋「魚格」さん。街道沿いにございます。
 スーパーとはネタの良さが違うので、ドライブがてら来てみる価値はありますよ。

 刺身はもちろん、魚の加工品もオリジナリティ有りで美味しいんだ!!
 魚格ラインナップ
 写真向かって左の黒っぽい惣菜に注目~!!札に書いてある通り、マグロの燻製です。
 これが美味しい!!
 焼き豚とツナピコと自家製ハムを足したような味がします!!
 桜チップで燻してるそうで、その燻られた風味で、お酒が進んだり食欲が増したり。
 
 オリジナルのなめろうや、はんぺんも良いよ!!
 はんぺんと言えば、静岡県ではイワシの黒はんぺんのことを指し、関東で初めて白いはんぺんを食べた時には「何このふわっふわの軽い食べ物?!」と思ったものですが、本日こちらで購入したの、やはり黒いけれど、イワシじゃなくて、キスとハモの揚げはんぺんです。イワシと遜色ないお味です。店頭で揚げたてを食べたかったなー・・・(つまみ食いするべきだった!!)。
 既に売り切れていたけれど、エビフライやホタテフライも美味しいに違いないです。

 街道を挟んで向かいに、清見寺というお寺があります。
 お魚屋さんは、最近テレビで紹介されたとかで混んでいて、待たなければいけない場合もあるので、注文しておいて、清見寺さんを見学に行かれるのも良いかと。
清見寺
 階段を登った山門の向こうに白壁と、もう一つ門があります。
 が、山門と二番目の門の間を東海道本線が横切っており、陸橋を渡るのです。
 かつて、この地を訪れた山下清画伯曰く「これは、良く、ないと思うんだな」私もそう思います清見寺境内
 境内は満開ヤッフゥ~
 拝観料のいらないお庭の部分でも、五百羅漢があったり、それなりに見所ありです。
 五百の羅漢像の中には、必ず自分に似た顔の羅漢がいるそうです。見つけられるかな?

 さらに、この近くに座漁荘という、明治の建築物のお座敷で和食がいただける(一日一組のみ予約制)という、素敵な場所があるのですが、それについては、お食事できるチャンスがあった時にでも・・・。

 ところで、あまり知られていないけど、興津は餡子の聖地です。
 何気に、餡子ものスイーツのお店が充実しているらしいです。
 宮様まんぢうなるお饅頭(その昔、さる宮様がお出でになられた際とても気に入られたことから、その名が付いた)は、一度は食べてみて良いと思います。
 でも、今回我々がお買い求めしたのは、別のお店のタイヤキね。
たいやき伏見
 甘さ控えめのつぶ餡は、大変私好みでありましたv
 が、その餡子の詰まり具合は、とても偏ってました・・・。タイのお腹に偏っていて、背中の方は皮だけなんだよ。皮にも自信があるってことだろうか?(実際美味しかった)尻尾までたっぷりじゃないことは、別にOKです。タイヤキの尻尾は、舌休めとして餡が入ってないのが本式らしいよ。

 最後は、美味しいと噂のラーメン屋に寄りました。
 ここは、興津じゃなくて蒲原だけどね。
 R1沿いの丸玄ラーメン
 私が選んだのは、一押しらしい手打ちラーメン
丸玄ラーメン
 こしのある中太ちぢれ麺。
 えーと、手打ちじゃないラーメンの方が、太くなくて私好みでした。次回があったら、そっちにします。
 小どんぶりを付けられるセットもあったんだけど、釜揚げシラスどんぶりを付けるべきだった!!!
 地元すぎて、本物の釜揚げシラス食べたことないんです。普通にスーパーで売ってるシラスしか、食べたことない(あれも一応釜揚げ?)。
 スーパーのシラスでも、東京あたりで売られてるのに比べたら美味しいらしいけど(ポイントは塩の量の違いらしいです)、釜揚げシラス屋の釜揚げシラスとか、値段からして全っ然違うからね!!贈答用にしか、買ったことがない!!
 次があったら、注文してみたいと思います。

 いや待てよ、今の旬は桜エビだから、近いうちに生桜エビのかき揚食べたいぞー!!
 そうだ、職場の同僚ちゃんが、由比あたりの美味しいかき揚の店にはまってるって以前言ってたな。今度聞いてみよう。
 ・・・と言ったら、ママンに「生桜エビなら、この前家で揚げたでしょ?」と言われた。(地元・・・)
 そうだけど・・・、名店の味も試したいです。
 
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/58-78e647c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。