スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば切り 遊玄 

 富士市大淵にある、そば切り遊玄でお蕎麦を食べました。
 山側のエリアなので、茶畑が綺麗でした。

 お店には、靴を脱いで上がります。
 脱ぎ履きの楽な履物が良いかもしれません。
 CA3J0218.jpg

 フローリングの店内は、アジアン雑貨や布地が飾られたオサレ空間です。
 テーブル席の感覚が広々と取られていて、落ちつきます。
 カウンターも、一応枯山水な中庭に面した大窓に向いていて、よろしい雰囲気です。
 トイレも、何もかも統一感のあるオサレ空間でしたよ。
 Neo蕎麦屋!!WAO!!

 ランチのお気まりセット(¥1,300)の一の品、そば切りです。
CA3J0219.jpg
 薬味が少なく見えますが、めん露に半分以上投入してしまってから撮影したからです。
 麺は硬いです。アルデンテ?でも、ボソボソしてなくて、ちゅるんといけるので、OKだと思いました。
 めん露の味加減が、甘めで好みです。
 
 二の品(甲バージョン)、粗びき。
CA3J0220.jpg
 蕎麦の実を、粗く引いてできてるらしいです。所々に、潰れた実が見えるくらい粗い。
 塩で食べて良し、めん露で食べて良し。
 蕎麦の香りを、より楽しみたい方は、是非塩で。
 ザルがアジアン雑貨である点に注目。(でも、ちょっと水はけ悪かったよ・・・

 二の品(乙バージョン)、蕎麦がき。
CA3J0221.jpg
 麺つゆより甘いタレ?がかかってます。美味。
 
 このお決まりセット、甲(粗びき)か乙(蕎麦がき)を選ぶんだけど、それぞれに良さがあって、どちらも美味しいので、甲乙つけ難いとはこのことだね。
 家族でシェアして両方食べれて幸せ。

 三の品、蕎麦プリン。
CA3J0222.jpg
 三の品は、プリンかコーヒーの二択です。
 コーヒーも味見させてもらったけど美味しいコーヒーでした。
 どうしてもスイーツとコーヒー両方行きたい人は、400円追加だそうです。
 蕎麦の香り高い、甘過ぎず上品なプリンでした。
 写真は、カラメルソースをかけた後だけど、ソースをかけずに蕎麦の香りを楽しみまくることもできますよ。 

 11時半頃入店したんだけど、帰る時には待ってるお客様が沢山!!
 りピする時も、早めに行こうと心に誓う。


 
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/177-9404120c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。