スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの記 ノートルダム大聖堂 

 セーヌ川沿いを歩いて、シテ島へと橋を渡り、やってきましたノートルダム大聖堂inパリ!!
 聖マリア系の協会は、みんなノートルダム寺院て呼ぶらしいと、シャルトル大聖堂のところに書いた気がしますが、鐘つき男の話でで有名なのは、パリのノートルダム寺院です。

 西側からやって来たので、まずは裏手から攻めることに。
ノートルダム寺院裏手2
 裏は小さな公園になってるのよ。
 一般人が光合成してたり、アーミーが闊歩してたり。
 アーミーに関しては、たまたま軍服でパリ市内を歩くこともないでしょうので、テロ対策の監視なんでしょうね。悪いことしてないのに、緊張する(苦笑)
 
ノートルダム裏1
 窓の黒い部分がステンドグラスで、中から観ると、驚くほど美しいです。
 
 正面へ回り込む為に、脇を通ります。
ノートルダム側面1
 ガーゴイルだらけなんだけど、見えるかな?
 酸性雨や老朽化で、首がもげちゃってるのも多数。
ノートルダム側面2

 ちょっとアップにしてみたけど、どうだろう。
ノートルダム側面アップ
 雨どいになっていて、雨の日には、ガーゴイルの口から、ゲロの如く雨水がしたたり落ちるわけさ。
 鐘楼に昇ると、もっと近くに、さながらディズニー映画『ノートルダムの鐘』で歌って踊ってるような全身あるガーゴイルが、いっぱい観れるんだけど、そこへの入場はビッグサンダーマウンテン並みに列ができているので、今回は断念。以前は会館15分前に来て登りました。そのくらいに来ると並び時間30分くらいで登れます。

 これは、以前ノートルダムの塔に登った時に、ケータイで撮ったやつなので、小さくて粗い写真ですが、、ガーゴイルです。
 ガーゴイル


 正面広場から。 
ノートルダム正面
 何度撮り直しても斜めに撮れてしまう、私の平衡感覚を惑わす魔物が住む建物(汗)
 
 ありえない程、聖人が彫り込まれまくった入口に近づいて行ってみましょう。
ノートルダム正面3
  
ノートルダム正面2
 こうして、無数の聖人たちにガン視されながら、聖堂に入るわけです。

ノートルダム正面4

 塔に登るには長蛇の列ですが、聖堂にはほどとんど並ばずに入れました。
 入場料に、追加料金を払うと音声ガイド(各国語有り)の流れるイヤホンセットを借りられるというのは、各観光施設によくありますが、ここでは保険としてクレジットカードを預けねばなりませんでしたよ!!!正直「げぇっ!!?」って思ったね、神の前で教会職員(?)がスキミングなんかしないと信じたいけど、ここは海外。そこまでしないと、持って帰っちゃう人いるのかな。(記念に?)

 入ったら、礼拝が始まりました。
ノートルダム礼拝
 画面右下で赤いローブの神父さまが、お説教をなさってます。写真とか撮ってすいません(でも正面から撮る勇気はない)。ルール通りストロボはオフにしたけど、周囲で結構チカチカ光ってる。ダメだよって立札も立ってるのに、文化的な国から来てそうな身なりの人たちなのに、いいの?
 帽子とったり、私それなりに気ぃ使いましたよ?

 外からの煤けた状態からは想像もつかないくらい美しい薔薇窓の数々。
ノートルダムバラ窓1
 ステンドグラスのメインカラーにブルーが多いのは、マリア様のイメージカラーだからだそうです。
(シャルトル大聖堂も聖マリア教会なのに赤メインのステンドグラスがあったのは珍しいんだけど、撮り忘れたんだぜ・・・)
ノートルダムバラ窓2
ノートルダムバラ窓3
 右下のシルエットは、マリア様の像です。
 神父様がいらっしゃる正面の祭壇以外にも、壁際にいくつか小さい祭壇があって、小さな蝋燭が沢山燃えていて(参拝者が買って立てていくもの)、日本の密教系(?)寺院みたいです。これは、シャルトル大聖堂もそういう感じでした。

 イエスの一生が描かれた木彫画。
ノーツダム木彫1
 イエス誕生シーン
 2か所にあるんだけど、こちらはわりと新しい時代の作だそうです。
ノートルダム木彫2
 イエスの復活を信じられない弟子が、イエスの心臓の穴に指を突っ込むシーン。

ノートルダム木彫3
 こちらは古い方。
 劣化を防ぐため(?)暗かったり、古いから黒ずんでたりで、あんまり映りこんでませんが。


ノートルダム内部1
 礼拝の席以外は、観光客だらけ。
 左手前のはシュッと通り過ぎたおじさんで、霊的なものではありません。
 
ノートルダム内部2 
 でも、荘厳で美しい。
 きっと、ここパリを訪れる度に来たくなる。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/171-bc6409f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。