スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの記 ほんのプロローグ 

 10月13日~20日の5泊7日で、パリを中心にして、ちょっとフランス行ってきました。
 その楽しかった記録。

 折しも、前の週に台風17号によって東海道線は川向うで寸断され、さらに台風18号が九州まで迫りくるわ、それまでの円高が一転ユーロがぐんぐん上がり始めるわ、呪われたような中足掻くように旅立ちました。
 実は、2度目のフランスなのですが、前回は飛行機とホテル(送迎付き)のみの予約で自力で巡った場所を、今回は添乗員と食事付きプランで回ろうという試みなのです。リッチだぞ!

 ツアーは、ANAハロー。添乗員付き観光と、結構な回数の食事と、終日フリーに旅行保険まで付いた充実プランの割には安かった、かもしれない。
 
 飛行機はANAハローなので、勿論ANAです。
 以前より、機内で見られるアミューズメントが充実してます。
 映画が凄い本数入ってる。しかも、これからフランスへ旅立つというのを意識して、“フランスもの”が多い(笑)。
 なんせ12時間も乗ってるんで、映画2本とドラマを少々観ました。まだ金曜ロードショーでは放送されてない程度に新しいものが入ってて嬉しいです。
 行きに観たやつ。

 ・マレフィセント
 ・万能鑑定士Q ←これルーブルの辺りを舞台にしてるんだわ
 ・All you need is kill
 ・ドラマ花崎舞が黙ってない ←眠い時に音だけ聞いてた。音声だけで内容がわかる良作

 本当は、エールフランス使ってみたいけど、マイレージ欲しさにANAを選んじゃう。

 最近、飛行機のシートを倒したくらいで、いい大人がバトルを繰り広げているというニュースを、耳にしていたので、倒す時には後ろに一声かけた方が良いのかしら~?日本人じゃなかったら英語で何つーの~?など思っていたのですが、心配しなくても、背もたれはリクライニングなんかしなかった!!
 ボタンを押して、体重かけても背もたれ下がらないのね。
 ぇえ~!?まさか後ろのヤツ、ニュースに出てたリクライニング防止装置を取り付けやがったのか!?それとも、もはやエコノミー席にリクライニングの権利はないというのか!?と一瞬思いましたが、諍いを面倒に思ったANAが新開発した(?)シートは、実は背もたれが倒れるのではなく、座面が前にスライドするものだったのです!!
 尻を前にずらすことで、寛ぎ姿勢を作ろうという(普通にやったら、だらしない姿勢だけど)。
 勿論、自分の足元のスペースは狭くなるけど、前後の人には影響なし、通路側じゃない人がトイレ行くには、座面ずらしてなくても、どうせ足どかさないと無理だから状況は変わらない。やるなANA。
 
 充実のANAツアーなので、12時間のフライトの後シャルル・ド・ゴール空港到着(18時頃だけど日本時間は深夜1時くらいだ)から、そのままロワール地方へ向かって3時間のバスの旅!!座席で居眠りしてるだけとはいえ、狂気です!!

 途中のサービスエリアみたいなところで、1回トイレ休憩があったのですが、フランスの公衆トイレは有料が多いだとかで、集団行動の際は、逐一添乗員さんが、トイレが有料かどうか、まずチェックしてくれました(笑)。
 公衆トイレは、試練です
フランスの公衆トイレ
 そのサービスエリアのトイレではないけれど、公衆トイレって、だいたいこんな感じ。お気づきでしょうか?便座がないことに。 
 間違えて、男性用に入ったわけじゃありません。(いや、男性だって、座るときは座るよねっ)
 仕方がないので、電機椅子状態で用を済ませましたよ。何のトレーニングだコレ。
 同じツアーの人に聞いたら、トイレットペーパー敷いたりして使ったようです。
 
 日本では、観光に力を入れる為に、トイレの整備を重視します。
 そういや、どの国行っても、トイレって心配になるもんなぁ。
 こんなにトイレを心配して重要視して綺麗じゃないと嫌(でも使い方はそうでもなかったりする・・・)なのは、日本人だけなの?
 フランス人は便座要らずなの?腹筋強いの?
 まぁ、フランス国民の名誉の為に書いておくと、便座はないが、トイレそのものは、清掃されていて、日本の公園の公衆トイレよりは、遥かに清潔だったけど。
 
 美を愛する国フランスの旅日記、まだトイレの写真しか載せてないけど、今日はここまで・・・。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/156-4de3ed74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。