スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハックルベリー 

 ハックルベリーと言えば、トム・ソーヤーのお友達、ハクルベリー・フィンを、真っ先に思い出すのですが、ある夏、それが売ってるのを、2年くらい前に見つけたのです。

ハックルベリー
 どこか高原の道の駅で買った気がする
 ハックルベリー。トムの親友ハックの名前は、たぶん実在するベリー類の名前から取ったんだろう、アメリカあたりでは野イチゴと並ぶ存在なのかもしれないと思ってはおりましたが、ついに実物を、その目に!そして、その口に!!

 口にしたら、全く美味しくありませんでした

 見た目からして、ブルーベリーのような気持ちでいたのですが、中は白というか、クリーム色で、全然味がない、というか、わずかに青臭いような味が・・・。
 取り急ぎネットで調べたところ、ハックルベリーとは、ベリーと呼ぶわりには、イチゴというよりナスだそうです。
 そうか!ナスか!これは小さくて丸いナスだ!!味といい色といい納得!!
 もちろん、ナスなので、生で食べたりしちゃいけなかったわけです・・・。

 で、その食べ方ですが、ジャムにしている記事しか見つけられなかったけれど、ナスであるからして、粒粒なフォルムを利用して、かき揚げ天麩羅などにすれば美味しいのではないかなーと思います。

 でも、うちでもジャムにしちゃった☆
ハックルジャム
 皮の色が、中身にも移って、本当にブルーベリーみたい。
 しかし、あくまでナスなので、レモン汁で酸味を付けて、砂糖で甘味を付けて、そこには果物のように元々の酸味や甘味は、全く含まれていないのです。
 結局、ブルーベリーよりちょっとクセのある、アメリカンな味(?)のジャムに仕上がったですよエグみが少々あるんですけどね、そういうの自分の中でアメリカンなイメージ。
 アメリカ土産のゼリービーンズを食べたら、ブルーベリー味は、いわゆる日本の“ブルーベリー味”と違って、「そこを抽出するか!?」という部分を強調した味だった。たしかに、ブルーベリーの味の特徴ではあるけども。
 あと、リコリス味ってメジャーみたい(キングの小説にも出てた)だけど、ゼリービーンズで食べたら壮絶な味だったよ!?
 そんな、アメリカ人が好みそうな(偏見)、でも日本人でもイケる味でした。

 そして、その実を少し残しておいて、次の夏自宅で栽培したのです!!
成長途上ハック

 んで、収穫。
ハック収穫


 結構採れたので、またジャムにしたりして、その翌年も、零れた実から生えてきたり、強いなハック。
 
 誰か、天麩羅か炒めもので食べてみてください。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/155-ef90cf13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。