スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロースヴァルトのソーセージ 

 富士市(元の庵原郡富士川町)には、高級ソーセージ店がある。
 そこのソーセージは、スーパーで2袋を束にしてセール価格で売られてる量産品とは、格の違う味がするらしい。
 でも、食べたことなかったの。
 だって、高いから。
 だって、2袋が束になったソーセージが専門の人生だったんだもの。

 でも、ついに食べたの。もう半年くらい前になるけど(笑)。
 市内のイベントに出展してたので、憧れの白ソーセージを思い切って買ってみた。

 グロースバルト白ソーセージ

 お店のご主人(?)に、焼くのと茹でるの、どっちがオススメか聞いたら、とても嬉しそうに教えてくれました。何か、顔からソーセージ愛が溢れてた
 どっちも美味しいけれど、どちらかというと茹でた方が、茹で方は、湯が沸騰したら火を消してからソーセージを投入、5分くらい入れておくとのこと。つまり、煮たたせるんじゃなくて、余熱で温める感じね。

 味は、勿論2袋束とは、全く別物の、ディナーのメインディッシュになれる味がしました。 
 マスタードやケチャップ付けるのも勿体ないくらい。

 今度は、黒っぽいソーセージを試してみたいです。
 レバー嫌いだけど、イケるかな?
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/152-6a576ddb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。