スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北の記 新玉川温泉 

 そこらの地面に寝転んでの岩盤浴で有名な玉川温泉から、車で5分程のところにある新玉川温泉が、東北2日目の宿泊地です。
 玉川温泉にも、宿泊施設はあるんだけど、こちらは連泊と自炊が基本の、ガチな湯治宿なのです。
 我々のような、旅先では上げ膳据え膳で布団の上げ下ろしもやって欲しー派も楽しめるのが、新玉川温泉となっております。

新玉川温泉

 宿泊施設は、近代的だけど、お風呂は木造で凄かった!!(良い意味!!)
 高い天井の巨大なログハウスの大浴場!!裸電球の暗ぼったい柔らかい灯りが、雰囲気出してます。
 他のお客様もいるのもいることですし、写真は撮れなかったけど、ほら、有名なアニメ映画の、神隠しに遭っちゃうやつ。あれに出てきそう。神様が、人間どもに被らされたこの世の垢やら欲やら洗い流しに来そうな風呂です。
 ググってHPを見た方が早いけど、パンフの写真を接写したのを上げてみます。
新玉川温泉パンフ
 一人利用の箱型サウナ(もちろん木製)もあって、おもしろー。木の箱の中に腰かけて、蓋をすると顔だけ出てるサウナ。頭だけ体よりは涼しいので、普通のサウナより楽かも。しかし、木箱から首だけ出てる姿は、さながら拷問器具にでもかけられてるよう・・・。もしくは手品のネタっ子。

 泉質は、恐らく強酸。フロントの人に、最後はシャワーで洗い流してから浴場を出るように言われました。そうしないと痒くなるって。
 え~?オーバーじゃな~い?日本一(?)強酸な草津温泉だって洗い流さない(もったいないじゃん!!)我々ですよ~?と思いましたが、入浴中に早くも、ところどころ痒くなってきたよ!!腰とか、脇腹とか。
 ベテラン湯治客さんによると、最初はお腹を中心に赤く痒くなるけど、1週間くらいで出なくなるそうです。悪いものを出し切ったということらしいです。(つまり、痒くなるのは好転反応?)
 顔を洗ったら、ニキビ撲滅できそうだけど、強酸が目に沁みるので、濡れた手でパックするに留めました。
 コップが用意されているので、飲泉も可です。ただし、脇にある水道水で7倍くらいに薄めて飲みましょう(ちゃんと注意書きがされている)。たぶん、そのまま飲んだら、ピロリ菌も死ぬかもしれないけど、大事な腸内細菌も全て死滅する気がする。温泉の味は・・・、胃酸の味がしました。吐く一瞬前に、せり上がってくる、あの味。おうっふ。
 色々、きっつい部分が多い泉質だけど、こういうの好きだぜ?
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/138-5e8efdde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。