スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金鶏の湯 

 2週以上前の話になりますが、今年の3月11日は、金鶏の湯に行ってました。
 2年前の同じ日、あの大きな地震が起きた日も、同じ温泉に行ってました。しかも、地震が起きたその時、私、湯舟に浸かってたのよ、うふふふふふ。水面が、波のプールみたくなっただよ。
 去年は、なんぶの湯にいたし、この日は、毎年温泉浸かってるな。

 金鶏の湯は、長野県茅野市の小さな市営温泉施設です。
 たったの400円で、一日中広間で、まったりしつつ温泉を楽しめます。
 食事処が併設されてないかわりに、持込みOKなので、地元客のおばちゃんたちが、タッパーで地元色豊かな自家製惣菜持ってきて食べてます。

金鶏の湯

 
 地震以前は、広間の床暖房が最高に気持ち良くて、居眠り必至だったんだけど、地震以来、節電の為あんまり暖かくなってなくて残念。
 まぁ、冷えてきたら温泉入りなおすから良いけどね!!温泉の源泉は、そんなに温度高くないみたいなんだけど、熱めに沸かしてあるよ。そんで、入った後、普通のお湯より体が冷めにくい!!湯冷めしにくいってことだね。まさに、雪国長野県の為の温泉です。
 ちょっとヌメリがあるお湯で、石鹸ちゃんと落とさずに湯舟に入っちゃったんじゃないかと、一瞬焦る(笑)。

 こちらの施設の良いとこの一つは、脱衣所に落ちてる髪を、頻繁に取り除いてくれるところです。
 あと、利用者自身もマナーが良いです。オムツ取れてないお子さん入れてくる人いないし。
 最近の、若いおばあちゃんじゃなくて、絵に描いたようなおばあちゃんたちが、沢山いらして、なんかほっこりする。おばあちゃん子だったから、おばあちゃん好きなの。絵に描いたようなおばあちゃんたちは、よぼよぼとサウナに入ったりして、お足元は悪くなってきているようですが、心臓は強そうです。


 周辺は、まだ雪がちらほら残ってました。
金鶏の湯雪の周辺
 
 白州道の駅
 帰りは、近くにある白州道の駅に寄って、持参のポリタンクに水を汲んでくよ。
 
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rinonononono.blog.fc2.com/tb.php/109-0a6f6d8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。